【2020年買って失敗したもの】安物買いの銭失いの典型的なパターン。

2020年買ってよかったモノ第1位は正月明けの悩みを解決してくれるアイテム!

に引き続き、今度は昨年買って失敗したものをご紹介したいと思います。

去年はそこまで大きなものを買わなかったせいか、地団駄踏むほど後悔するものはありませんでしたが、「買わなきゃ良かった」と思ったものがいくつかありました。

 

そういったものに限って、購入した理由が「安かったから」というもの。

本当に欲しい物・必要なものではなく、たまたま安かったからという理由であまり吟味せずに買って失敗するパターンが多かったです。

毎年全然成長していない。。。

 

その典型例が楽天で購入したマスク。

一時期に比べると店頭でも普通に買えるようになりましたが、お買い物マラソンの店舗稼ぎにと、品質よりも安さを優先して選んだのがこのマスク↓

50枚で598円(送料込)という破格の安さです。

1枚あたり12円。コロナ前と同じくらいの安さですね。

購入金額を1000円以上にしたかったので、2箱注文しました。

が。。。。

 

届いた商品↓

楽天マスク

マスク包装マスク個包装

10枚ずつ個包装されていて包装もしっかりしているのですが、肝心の中身があまりしっかりしてないという。。

というのも、たまにですが紐が切れてしまうんです。

マスク紐切れる

今まで数百枚とマスクを使用してきて、紐が切れた記憶ってほぼないのですが(サイズが小さすぎて切れたことがあるくらい)、これはどうやら品質にバラツキがある様子。

普通に使えるものもあるんですけど切れるのが怖くて、ついつい毎回マスクを付ける前に「そーっと」紐を引っ張るのが癖になってしまって、それが日々のプチストレスになっています。

こんなことならケチって安いマスクにしなければ良かったと後悔しています。

安物買いの銭失いってまさにこのことですね。

 

購入先の商品レビューを見ると、高評価と低評価に分かれているのでもしかすると生産ロットによってばらつきがあるのかもしれません。

因みに低評価の中には

「何回も紐が切れた」

「マスクの紐が10枚中5枚切れた」

など私以上に不良品が届いた方がいらっしゃるようで、本当に残念です。

紐が切れたマスクの使いみちはもちろん他になく、、ごみ箱に直行となりました。

 

やはりマスクは日本製が一番安心ですね。

まだまだ品薄状態が続いているユニ・チャームの「超快適」シリーズが一番好きです。

Amazonのパントリーではやっと1000円台で購入できるようになりました。

 

コメント