押入れのふすまをクローゼットにDIY。使い勝手が格段にアップ!

色々なブログやウェブサイトで紹介されている「2015年買ってよかったものランキング」。

 

特にいつもお邪魔している個人のブロガーさんがおすすめしているものって、企業の広告よりも説得力があって、読んでいると「へーこんなものがあるんだ」ととても参考になります。

そんな記事に感化されて、今更ですが私も「2015年買ってよかったもの」を勝手に発表!

使ってみて良かったものはこのブログで大体記事にしちゃっているので、今回は購入したことさえも忘れていたくらい、すっかり生活の一部に溶け込んでる商品をご紹介したいと思います。

 

 

それは「押入れクローゼット」。

モノというよりもDIYに近いですが、この商品、押し入れのふすまを自分でクローゼットの扉に変更することができるという、画期的なアイテムなのです。

 

new押入れクローゼット

押入れって物置としてはとても重宝しますが、襖のせいで常に押入れの幅の半分しか開かず、使いづらいと感じたことはありませんか?

我が家では現在はこのような折戸式のクローゼットになっていますが↓元は襖が2つ付いた使い勝手の悪い押入れでした。

 

押入れクローゼット

 

通常の襖のサイズって大体1枚の横幅が90cmらしいのですが、なぜかうちの襖は横幅が70cmちょっとしかなく、そのせいで物の出し入れが非常にしづらい!

 

リビング続きの和室なので、押し入れはもっぱら子供のおもちゃ入れと化していたのですが、入り口が狭いせいで中に収納ケースも置くことができず、ほとんど有効活用できていませんでした。

そんな時に見つけたのがこのnew 押入れクローゼット。

 

壁を壊したりする必要がなく、今ある押入れのミゾをそのまま使いドライバー一本で簡単に取り付け可能、工事をしないので費用も業者に依頼する金額の3分の1〜4分の1くらいの価格で設置できるとのこと。

最初は半信半疑でしたが、レビューの評価の高さを信じて注文した所、注文〜取り付けまで拍子抜けするくらい簡単だったのでそのご紹介です。

注文方法

(1) 押入れ入り口の幅と高さを測る

注文で一番ポイントとなるのがこの寸法を測る所。

new押入れクローゼット寸法

メジャーを使って測る時、巻尺部分がたわんで上手く測れないこともあるので、できれば家族に協力して貰うと正確な寸法を出せると思います。

狭い我が家の押入れで、横幅が約148cm、高さが208cmでした。

商品の特性上、サイズが違っても返品や交換が出来ないのでここの部分は是非慎重に。

ただ採寸が不安な場合は無料の出張サービスや(関東)、電話で親切に相談に乗って貰えるので、あまり心配しなくても大丈夫です。

取り付け自体はとても簡単なので、逆に寸法さえきちんと測れば、ほぼリフォームは終了と言っても良いかもしれません。

(2)クローゼットの色と取っ手を選ぶ

一番人気の色はホワイトだそうです。

うちはPG-1000(ホワイト)とPG-9005(オフホワイト)で迷ったのですが、襖の木枠に合わせてオフホワイトにしました。

襖をクローゼットにリフォーム完了

肌色っぽい色を想像していたのですが、思ったよりも白に近い色だったので、和の雰囲気を残しつつも部屋が明るくなりこちらにして良かった。

カラーサンプルも無料で送って貰えるので、壁の色に合わせたりと色々と検討するのも良いかと思います。

押入れクローゼットカラーサンプル

 

取っ手も数種類から選べるのですが、うちは使いやすさ重視でブリッジ型に。

押入れクローゼット取っ手

 

注文してからだいたい10日くらいで扉が到着しました。

 

ネット注文というと安っぽいイメージがありますが、実際届いたものを取り付けてみると、思った以上にしっかりしていて、元から付いていたかのようにぴったり。

結構重たいので女性1人だとちょっと大変かもしれませんが、ふすまを外した後は溝にはめ込むだけなので、イケアの家具の組み立てに比べればとってもラクです(笑)

 

<参考>IKEAの家具の組み立ては工具も揃えたほうがいいみたい。

 

押入れクローゼットミゾ

 

襖のミゾに部品をはめ込むだけで完成です。

ふすまだった時よりも見た目がすっきりして、狭い和室が広く明るくなったような気がします。

 

 

ここまでがちょうど1年前の話で、現在はどうなっているかと言うと。。

 

以前よりも、とにかく押入れを活用するようになりました。まさに使われていなかった物置がクローゼットに大変身したようなイメージです。

 

ガバッとフルオープンにできるので、大きいものでも簡単に出し入れできるし、収納力が格段にアップ。

押入れをクローゼットにDIY

現在は上段が洋服、下段が子供用品と分けていますが、生活スタイルに合わせて衣装ケースを使ったり本来の使い方である布団を仕舞ったり、と色々な使い方ができそうです。

 

値段の割に(?)頑丈な材質なので子供が手荒に扱っても全く壊れる気配なし。引っ掛かりもなくスムーズに開閉できるので、自分たちで取り付けたことを忘れてしまいそうになるくらいです。

 

リフォームって言うとかなり敷居が高いですが、誰でも失敗なく簡単に設置できる商品ってなかなかないですよね。

 

そんな訳で2015年買って良かったものナンバーワンは、文句なしでこの押入れクローゼットに決定です(^o^)

 


rakuten_favicon 楽天でnew押入れクローゼットのクチコミを見る

コメント