お風呂の椅子汚れにはとろとろせっけん+ナイロンタワシが最強説

お風呂場のカビや汚れが目立つ季節になってきました。

すぐに黒ずんでしまう床は汚れを溜めないよう気にしているのですが、置きっぱなしのお風呂用椅子、すっかり放置していたら大変なことになっていました。。

 

お風呂場の椅子汚れ

拡大すると

(注意:汚画像です)

 

↓ ↓ ↓

 

↓ ↓ ↓

 

 

お風呂用椅子汚れ

 

脚の部分

お風呂椅子水垢

!!!

 

5年ほど前に購入したこの椅子、お尻にピッタリとフィットする座面の形や丁度よい脚の長さが気に入っていて、ずっと愛用中。

 

お風呂掃除

↑こうやってバスタブに掛けて乾燥させておくことができるので大丈夫かな、なんて安心していたらこの有様。水垢というよりも、皮脂汚れが蓄積したような、茶色っぽいカス(?)がびっしりこびりついています。

 

調べてみた所、この皮脂汚れ(酸性)を落とすのに効果的なのは、アルカリ性の洗剤なんだそう。

酸にアルカリを混ぜると中和する、という昔理科の授業で習ったアレです。

 

いつもお風呂掃除で使っているクエン酸は酸性なので、今回の椅子掃除には向かないですね。

お風呂掃除のかけ算レシピ。高濃度クエン酸スプレー×バスマジックリンで床の黒ずみがツルリと落ちた
カラリ床に代表される、最近主流のデコボコタイプのお風呂の床。 TOTOHPより パナソニックHPより 滑りにくい、冬場でも冷たくない、など一昔前のタイルの床に比べると随分と進化したように見え...

 

そこで生協の粉石鹸を使ってみることにしました。

 

粉石鹸

成分欄には「弱アルカリ性」の記載があります。

粉石鹸アルカリ性

 

この粉石鹸をお湯で溶いてとろとろにします。

とろとろせっけん

お湯を注ぐと

↓ ↓ ↓

とろとろせっけん

ブクブクと泡が立ってきて、あっという間にとろとろせっけんの出来上がりです。今回はとろみがつくぐらいにしました。

粉の量が多ければ多いほどゼリー状に固まっていくので、汚れ具合に合わせてとろみを加減できるのがとろとろせっけんの良いところですよね。

 

これとキッチンのステンレス磨きでも大活躍している3Mナイロンタワシを使って汚れを落としていくことにしました。

たったこれだけで諦めていたステンレスシンクがピカピカに。
カラリ床の黒ずみ除去に引き続き、今度は長年のずさんな掃除で汚れが落ちにくくなっているキッチンのシンクの大掃除を行いました。 お風呂と同様、入居当時はピカピカだったステンレス製のシンクもいつの間にかスポンジでは落ちない白っぽい汚れや、く...

ザラザラだった椅子がツルツルに

とろとろせっけんをナイロンタワシに取って、椅子にこすりつけながらゴシゴシと磨いていくと、、

お風呂椅子掃除

 

汚れがポロポロと落ちていきます。まるで消しゴムカスのよう。

 

ザラザラだった脚もこの通り

お風呂用椅子汚れ落とし

 

椅子の裏側も

お風呂の椅子裏側

 

あっという間にピカピカになりました。

とろとろせっけんでお風呂掃除

 

もちろん座面の穴の中も真っ白に。

お風呂の椅子ピカピカ

 

とろとろせっけんというと、今まではレンジや換気扇などの油汚れにしか使っていませんでしたが、お風呂掃除でも活躍するんですね!

浸け置きの必要もなく、思い立ったらすぐにキレイになるところもズボラ主婦にはありがたい。

 

なお、とろとろせっけんを使う場合は、汚れを浮かしてこすり落とす必要があるため、通常のお風呂スポンジではなく、今回使ったような研磨用タワシと併せて使うことをオススメします。

そよ風 2.16kg

そよ風 2.16kg

675円(10/17 12:24時点)
Amazonの情報を掲載しています
掃除
karinをフォローする
シンプルな住まいと暮らし

コメント