【花粉症舌下免疫療法】治療開始後1年経過。気になる症状はどうなった?

早いもので花粉症の舌下免疫療法を始めてから丸1年が経ちました。

辛い花粉症とも今年でおさらば?舌下免疫療法始めました。
関東は史上初の6月に梅雨明けとなり、いきなりの猛暑日が続いています。 春先の事などすっかり忘れてしまうくらいの暑さですが、私、先月の上旬まで花粉症に悩まされていました。。 花粉症歴は20年以上。毎年2月頃から症状が出始め3〜4月...

舌下療法は毎日少しずつ花粉(アレルゲン)を体内に取り入れることで、「花粉は異物ではない」と体に認識させていく治療法。そのため最低でも3年は続けないと効果がでないと言われています。

1年だとまだ折り返し地点にも到達していませんが、それでも今年の春は例年よりも症状が軽くなり、鼻をかみすぎて小鼻が真っ赤になったり、肌が荒れたりすることはほぼなし。

プチ肌断食始めました
ここ最近花粉症が原因と思われる肌荒れに悩まされています。 特にマスクがあたる頬、口元がボロボロになり、化粧ノリも悪いので、夕方頃には顔全体が粉が吹いたようになってしまいます。 そんな素肌を隠そうと、カバー力の高いファンデーション...

花粉の飛散量が多い時だけ、診察のときに一緒に貰う抗アレルギー薬を予防で飲んでいたくらいかな。くしゃみ・鼻水もあまり出ず、もっと早く始めておけばよかったなぁと思っています。

2ヶ月前からは、今まで飲んでいたシダトレンから、シダキュアという錠剤タイプの薬に切り替わりました。

このシダキュアは新薬のため、今までは2週間分の薬しか処方されず、月に2回お医者さんに通う必要があったのですが、この春から1ヶ月分の薬をもらうことが可能になりました。

シダキュアは舌下に1分間保持するだけで完了。シダトレンの半分の時間で済み、何より冷蔵保存から常温でもOKになったので旅行の時の取扱いもとっても楽になりました。

 

うちの子も昨年から舌下療法を始めています。

と言っても、花粉症ではなくダニアレルギーの方です。元々ハウスダストアレルギーっぽい症状があって、私の診察の時一緒に診てもらったら、案の定ダニアレルギー陽性反応が出てしまいました(汗)

ダニアレルギーは「ミティキュア」というダニ舌下錠を毎日服用します。

見た目はシダキュアの色違い。子供曰く毎日「まずい〜」と言いながら飲んでいるので、おそらく花粉症の薬と同じような感じなのかな?と思います。

(まずいと言っても舌の上に載せるわけではないので、そこまで味はしませんのでご安心を)。

自治体の医療費助成制度のおかげで、毎月かかる費用は診察代・薬代込みでわずか200円。私が大体2000円弱なので、約10分の1の費用です。

子供も、舌下療法を始めてから、目を痒がったり、くしゃみが止まらなくなることがなくなり、こちらもやはり効果が出てきているのを実感しています。

 

毎日飲み忘れないようにするのはなかなか大変ですが、慣れてしまえば歯磨きと同じように習慣になります。

こんなおばさんでもかなり効果を感じるのだから、若い子で花粉症に苦しんでいる子がいたら、是非この舌下療法を試してほしいと思います。

コメント