【2020年ふるさと納税】今年最初の返礼品は、災害時に役立つあの商品にしました。

毎年お世話になっているふるさと納税。

今年は何を選ぼうか色々と迷っていたのですが、第一弾は2万円の寄付で頂くことができる、兵庫県浜松市の災害用トイレ「天使の器−30」を選びました。

ふるさと納税 防災トイレ

中身はトイレ用の固形剤やポリ袋の他、除菌スプレーやウェットティッシュにポケットティッシュなど、災害時に役立つグッズが入っています。

防災トイレふるさと納税

去年は地震だけでなく台風や豪雨などの自然災害が多く発生し、実際に私が住む地域でも停電などの被害が出たということもあり、日頃の備えがいかに大切かを改めて実感しました。

 

そうそう、確か10月だったかな?

大型台風が直撃するというニュースを見て、前日にスーパーへカセットボンベを買いに行ったんですね。でもどこも品切れ。みんな考えることは一緒ですよね。

数店舗回り、最後はコストコまで足を運んだけれどやはり売り切れで、しかたがないのでパンやレトルトなど、火を使わなくても食べられるものを代わりに買い込んで帰宅した記憶があります。

あの時は幸い何事もなかったけれど、いつでも買えると思っていたものが一瞬で売り場から消えるのを目の当たりにしました。。

アマゾンでは、通常だと1000円もしないガスボンベのセットが、5〜6000円にまで値上がりしていたんですよ!

そんなこともあり、今年は防災対策を万全にしようとこちらをチョイスしました。

 

この天使の器1セットで大人1人約5〜6日分過ごせる量なんだそうです。

天使の器ふるさと納税

天使の器−30

 

家族が多い場合は、80回用の「天使の器−80」、160回用の「天使の器−100DX」というのもあります。

 

いずれもかなりコンパクトなので、物置の中でも邪魔にならず備蓄にちょうどよいサイズです。

 

納税しながら防災対策もできるこちらの返礼品は、ふるなびから申し込み可能。

今ならアマゾンギフトコードが貰えるキャンペーンも実施中です!

防災用トイレ「天使の器」をふるなびで探す

コメント