ニトリのカーテンレールに付けられるブラインドを4ヶ月間使ってみて

4ヶ月前に寝室の窓に取り付けたニトリのブラインド。
元々カーテンレールが付いている場所でしたが、レール外す必要がなく本体に直接固定できるので、私一人でも簡単に設置することができました。

<参考>既存のカーテンレールにニトリのブラインドを設置。驚くほど簡単でした。

 

165×138cm の大きさでたった1565円と、オーダー&取り付け費用を考えたら激安なのですが、数ヶ月使ってみた感想です。

ニトリブラインド設置感想

コストパフォーマンスはさすがニトリ

一番心配したのが安かろう悪かろう。

特にブラインドはメカものということもあり、取り付けたのはいいけれどすぐに壊れてしまうんじゃなかろうかと当初危惧していたのですが、現在も当初と変わらずに寝室で活躍しています。

見た目もほんとオーダーしたブラインドとそう大差ありません。

 

羽根がよくある光沢のあるツルツルではなく、テカリを抑えたマットな感じの材質なので、お値段以上の高級感があります。

ニトリブラインド羽根

 

気になるのは使い心地。

 

別の部屋に同じタイプでタチカワのブラインドがあるのですが、それに比べると上げ下げのコードを引っ張る時、結構な力が必要です。

 

あと左右に付いているスティックをくるくると回転させて羽根を開け閉めするのですが、 5回転くらいさせてからやっと開き(閉じ)始めるので、オーダーものよりも開閉に時間がかかるかなーという感じ。

ニトリブラインドスティック

なので頻繁にブラインドの操作が必要な場所だと、最初慣れるまでは少しストレスを感じるかもしれません。

 

逆に基本ブラインドは下ろしたままで、たまに羽根を開け閉めするくらいの所だととっても重宝するかと思います。

 

価格が10分の1くらいなので当たり前といえば当たり前ですが、機能性を重視するなら有名メーカー、価格&見た目ならだんぜんニトリのブラインドかな。

 

あと、カーテンレールに取り付けるってことでどうしてもブラインドと窓の間に隙間が空いてしまうので、これからの季節冷気が隙間から漏れてしまうかも。。。とちょっと心配しています。

ニトリブラインド隙間

 

とはいうものの、レールを外す時にできると壁のねじ穴を気にする必要もないので、例えばカーテンからブラインドに変えて部屋のイメージを変えてみたい、なんてことも手軽に試すことができるのはニトリのブラインドならでは。

 

ニトリの通販ページでも簡単に注文できるので、迷っている方は一度試してみてはいかがでしょうか。

ニトリ公式サイト

ニトリ
karinをフォローする
シンプルな住まいと暮らし

コメント