子供向けと侮ってはいけないボードゲーム「ブロックス」で今日も夜更かし

子供が夏休みに入り一緒に過ごす時間が増え、普段はバタバタしてなかなかできないボードゲームなどをみんなで囲むのがここ最近のお気に入り。

以前ご紹介した大人もハマる「カタンの開拓者たち」も数日おきにやるとさすがに飽きる。。やっと私もコツを掴み、負け続けることはなくなってきたばかりなのですが。

 

で、随分と前に購入したままになっていた「ブロックス」というボードゲームで遊びはじめたのですが、これまた面白くてついつい夜更かししてしまいます。

ブロックス

見た目はテトリス、でも戦略を練らなくては勝てない陣取りゲーム

昔テトリスというゲームが流行ったの覚えていますか?

色々な形をしたブロックが上から落ちてきて、それをクルクルと回転させながら隙間を開けないように積んでいくという、当時は斬新なゲームだったのを覚えています。

その頃はもちろんスマホなんてなかったので、私は確かキーホルダー型の白黒の携帯ゲーム機で遊んでいた気が。

 

↑ こんな感じの。今も売っているんですね。

 

ブロックスは、そのテトリスのブロックのような形をしたプレートを使って遊びます。

ブロックスのピース

プレートは4色あって、2人から4人まで遊ぶことができるのですが、このゲームは人数が多いほうが敵が多くなり、頭を使わなくてはうまく進められなくなる分楽しさも増すので、4人で遊ぶのが一番楽しい。

ブロックスのピース

 

ルールは簡単。

プレーヤーがそれぞれボードの隅にプレートを置き、順番にプレートをつなげていって、最終的に一番多くのプレートを盤面に置いた人が勝ちというゲームなのです。

 

ひとつだけ決まり事があって、プレートを置くときに角と角をくっつけるようにして置かなくてはならず、ボードのマス目が少なくなってくると、プレートの形によっては置く場所がなくなってしまうことがあるので、スタート時点からどの形を最初に置いたほうがいいのかをよく考える必要があるっていう、なかなか頭を使うゲームなのです。

ブロックスルール

とはいいつつも対象年齢は5歳以上なので、角と角をつなげるというルールが理解できれば幼稚園の年長さんぐらいからでも一緒に遊ぶことができるんじゃないかな。

 

普段はテレビゲームや携帯ゲーム機ばかりで家族全員で一緒に何かをするという機会がなかなかないので、こうやってワイワイ言いながらみんなでひとつのものを囲むことができるボードゲームってなかなかいいな、と思います。

 

我が家のようにお盆休みも特に出かける予定がない、なんて方にも是非お勧めです。

おまけ

先日バルミューダのグリーンファンを買いに行ったときに一緒に買った柿の種の梅しそ味。

コストコで柿の種購入

さっぱりとした梅味が美味しくてついつい手が止まらず、ブロックスをしている間に気がつくと二袋ぐらい食べてしまうなんてことも。。。

おつまみやお菓子をコストコで大量買いするのは危険だとつくつく感じる今日この頃です。

ブロックス BJV44

ブロックス BJV44

1,618円(09/20 15:45時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

<関連記事> 我が家で高評価のボードゲームをまとめてみました。

子ども
karinをフォローする
シンプルな住まいと暮らし

コメント