パペリナのキッチンマット

我が家のキッチンの横幅は240cmで、ぴったりのサイズがなかなかありません。

なんとかサイズがあっても、デザインがイマイチだったり、滑り止め付って書いてあるのに、ズレまくったり。。。

大きい物なので汚れても、毎回洗濯する訳にはいかずに、本当はナチュラルな色を選びたいのですが、ついつい汚れが目立たたいような色のものを選んだり。




運命のキッチンマット

いっそのこと、もう敷くのをやめよう、とも思いましたが、やっぱり水はねや油はねが気になり、結局毎回妥協して購入しては、不満が募るばかり。。を繰り返していました。

キッチンマットって機能性、デザイン性、そして手入れのしやすさなど、求めるものがすごく多いのに、巷にはそんなものはなかなか売っていない!

キッチンマット難民になってはや数年。そんな中、遂に運命の(?)キッチンマットに出会ってしまいました!

それがパペリナのキッチンマットです。

th_IMG_0752

スウェーデンの伝統的な織り方で編まれているマットで、パッと見たところ、普通の布のように見えますが、実はこれプラスチック製。

なので繊維に汚れが染み込まず、サッと拭くだけで綺麗になります。しかもプラスチック製だからなのか、全くずれません。

画像のように、うちは白色なのですが、ずっと綺麗なままです(いつも食材など落としまくっていますが汗)。

ちょっと編み目に汚れが詰まったな~、と感じたら、ジャブジャブ洗濯機で洗ってOK!乾くまであまり時間がかからないので、気軽に洗濯もできます。

また北欧デザインなだけあって、デザインがシンプルなのにとてもお洒落!

これ、リバーシブルで色を反転させることもできるんですよ〜、こんな感じに。

th_IMG_0753

最初、裏のベージュの方で使うつもりで購入したのですが、白だとキッチンが明るくなるので、表にして使っています。

気分によって色を代えられる所もお気に入りです。

と、良い所を沢山書きましたが、悪い点もあります。

それはなんといっても値段の高さ。今まで数千円のキッチンマットを使っていた私にとっては、購入を決めるまでかなり悩みました。

パペリナのマットを探していて、多分価格で諦めてしまう人もいるんじゃないかなぁ、とも思います。でも、買って実際に使ってみると、金額以上の満足感を得ることができるので、大満足の一品です。

国内ではここのお店が一番取扱いが多いですね。

<関連記事>パペリナの洗濯方法を紹介しています。

とても気に入っているパペリナのキッチンマット(記事はこちら)。 当初はベージュを表で使う予定で注文しましたが、現在は部屋が明るく見える...







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする