洗面所にアレを置いたらお風呂場のカビの悩みから開放された

蒸し暑くなるこの時期になると、毎年お風呂場のカビに悩まされてきました。

24時間換気扇をフル回転させても、気がつくと床の溝やコーキングの白い目地に黒いポツポツができ、あっという間にカビが広がってしまいます。

 

 

2年前からはお風呂の防カビ剤も何度か使っています。

煙を使ったお風呂の防カビ剤は評判通りとても良かった
マメに掃除をしないせいか、この時期お風呂のカビが本当に酷いです。 スチームクリーナーを使って浴室ドアの黒ずみはなくなりましたが、気が付くと目地や床の溝に黒い斑点がポツポツとできていて、あっという間に広範囲に広がってしまいました...

 

1〜2ヶ月毎に使うと確かにカビが生えにくくなるのですが、夏の間は頑張って続けていても、冬に入ると使うのをついうっかり忘れてしまい、結局翌年の夏にまたカビが発生→慌てて使い始める、の繰り返しでした。

そもそも、お風呂のくん煙剤では、できてしまったカビが消えるわけではなく、天井裏や浴槽のエプロン裏の目の見えない箇所のカビ菌を死滅させて「カビの発生を予防」するもの。定期的に使わないとなかなか効果が持続しません。

 

でも嬉しいことに、今年はまだ一度も黒カビとはご対面していないんです。特別お風呂掃除を頑張っているわけでも、定期的に防カビ剤を使っていたわけでもないのに。

 

理由は、、、

これです↓

【6年目の浮気】バルミューダ信者の私がアイリスオーヤマのサーキュレーターを買った結果
私は自他とも認める(?)バルミューダの扇風機好きです。 2012年の夏に初めてグリーンファンを購入して以来、扇風機はすべてバルミューダを選んできました。 それまで、デザイン家電というものはデザインは良くても機能はいまいち...

 

お風呂上がりに涼めるように、と洗面所用にアイリスオーヤマのサーキュレーターアイを購入したのがきっかけ。

洗面所洋服置き場

毎晩家族全員お風呂から上がった後に、お風呂場に向けて回していたところ、

お風呂場 サーキュレーター

お風呂上がり特有のモアっとした湿気もなくなり、水はけのわるいカラリ床(←全然カラリ床じゃない)の水気もなくなり、黒カビはもちろんのこと、赤いぬめりの発生が一切なくなりました。

ただ1時間タイマーをかけておくだけ。

毎日お風呂上がりにスクイーズで水切りする必要も、50度のシャワーをかけてカビ菌を死滅させる必要もなし!

こんなに簡単にカビが発生しなくなるなら、もっと早くから使っておけば良かったと後悔するくらい楽です。

 

でも毎日サーキュレーターをお風呂場専用に回していたら、電気代がかかるんじゃないかと心配になりますよね。

1時間あたりの電気代を計算たところ、

サーキュレーターアイの消費電力38W÷1000W☓26円/1時間(東京電力Bプランの場合)=0.988≒1円

なんと1円です!1ヶ月30円、仮に1年毎日使ったとしてもたったの360円。

 

防カビ剤の値段は2018年7月現在アマゾンで

ルック おふろの防カビくん煙剤 フローラルの香り 5g

ルック おふろの防カビくん煙剤 フローラルの香り 5g

408円(07/15 17:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

となっているので、防カビ剤1個分よりも安いですね。

もしくは防カビ剤と併用すれば、お風呂の黒カビとは一生おさらばできるかも?

こちらも後日実証してみたいと思います。

死角なしのサーキュレーター

狭い洗面所に置くのもそんなに邪魔にならず、なおかつタイマーなどの機能が充実していて、サーキュレーターとしても扇風機としても大活躍するこのアイリスオーヤマのサーキュレーターアイ、個人的には今年1番の大ヒットです。

 

あんまり良いので、、、

 

もう一台買ってしまいました。

アイリスオーヤマサーキュレーターアイリピ買い

2台目も結局「PCF-KSC151T」パールホワイトです。

新しい方は、エアコン稼働中に空気を循環させるのに使ったり、予告どおり(?)リビングのパワープレートの横において、汗だくの体をクールダウンするのに重宝しています。

パワープレート継続中

リズム機能を使うと風量の強さがランダムに変わって、自然に近い風を感じることができますよ〜

 

こうなると完全に行き場を失うのが、バルミューダのサーキュレーター、、、、

扇風機として使うのにはちょっと厳しいので、部屋干し用に格下げです(汗)

 

というわけで、話が脱線してしまいましたが、お風呂のカビに悩んでいる方、カビキラーや防カビ剤だけでは太刀打ちできない方は、一度サーキュレーターもしくは扇風機を使ってみるのも良いかも知れません。

掃除
karinをフォローする
シンプルな住まいと暮らし

コメント