無印の人気カレーよりも美味しい?!もつ鍋屋のカレーが絶品

(この記事は2017年12月に投稿した記事を加筆・修正しています)

先週から始まった無印週間で、バターチキンカレーを購入しました。

無印 バターチキンカレー

無印のバターチキンカレーと言えば、テレビや雑誌でも取り上げられるほど人気の商品。

ずっと気になっていた商品を10%オフで買うことができラッキー、と早速家に帰って食べてみたのですが、、、

 

なんだか思っていた味とは違う?

バターチキンという品名の割にはバター感があまり感じられないというか、トマトの味の方が強く、さっぱりとした味。どちらかというとトマトカレーに近い印象。

もちろんこれはこれで美味しいのですが、個人的にはもう少しこってりとしていてもいいかなぁ。

 

と思って無印のサイトを見ていたら、このバターチキンカレー、半年前にリニューアルしていました。

説明文にはこのように書かれています↓

今回のリニューアルでは、バターチキンの味を決める重要な要素である「トマト」の種類を、2種類から3種類に増やし、これまでの酸味と甘味の強いトマトに加え、旨味のあるバランスの良いトマトを用意しました。

オリジナルの方を食べたことがないので比較はできませんが、リニューアル前よりも旨味がアップしているようです。

無印バターチキンカレーリニューアル

レビューを読んでみると、美味しい!という人と、旧製品の方が良かった、という人の書き込み両方があるので、結構味が変わったんですね。

 

トマト味のカレーを食べながら、2年前にレビューしたもつ鍋屋さんのカレーのことを思い出しました。

本当にレトルト?と疑うくらい美味しい絶品のカレーでした。

値段もそこまで高くなく、無印のカレーにプラス100円するくらい。これから寒くなる季節に熱々に温めて、また食べたいな〜と思っています。

↓ ↓ ↓

 

大手通販サイトのお取り寄せグルメで常に上位にランキングしているもつ鍋・水炊き専門店「博多若杉」。

若杉 モツ鍋

↑このもつ鍋の写真、食べたことはなくても一度は目にした方も多いのではないでしょうか。

コラーゲンたっぷりのプルプルのもつがたっぷり入ったお鍋はお肌にもとても良いとのことで、博多にある本店は、連日若い子達で賑わっているみたいですよ。

 

さて、今回ご縁があって、こちらのお店の商品をレビューさせて頂くことになりました。

博多若杉お取り寄せ

と言ってもお店の看板メニューのもつ鍋、、、、ではなく裏メニュー

しかも鍋とは全く違う「カレー」です。「裏メニュー」と聞いただけでもワクワクするのに、いまや日本人の国民食となった人気メニューということで、届く前からかなり期待したんですが、、、、想像以上に絶品でした。

博多若杉のカレー

和食屋さんが作るカレーって、ダシを使った和風寄りなのかと思っていたら全然そんなことはなく、スパイスが効いていてかなり本格的です。

今回「牛すじカレー」「豚うまカレー」「鶏とまとばたーカレー」の3種類頂いたのですが、それぞれに特徴があって、カレー通もそうでない人もきっと自分好みの味が見つかると思います。

実際我が家でも家族全員大絶賛。普段甘口しか食べないうちの子もペロリと平らげていましたよ。これは休日ランチの定番になりそうな予感。

博多若杉カレー3種類

食欲中枢を刺激する!裏メニュー人気ナンバーワンの牛すじカレー

まずは頂いたのは牛すじカレー。

こちらは元々まかないとして出されていたのが常連さんの間で裏メニューとして人気となり、ついに商品化されたのだそう。

博多若杉牛すじカレー

ドロリとコクがあって、口に入れた瞬間にスパイスの香りがブワッと鼻に広がります。

食欲中枢を刺激しますね〜。

さすがもつ鍋屋さんが作るだけあって、牛すじはトロットロ、スプーンで簡単にほぐせるくらい柔らかいです。

絶品牛すじカレー

かなり濃厚なので、ご飯がいくらでも食べられます。

一袋では足りないと文句が出るほど(笑)これは是非ともストックしておきたいですね。

楽天市場での評価が1000以上付いているのにも納得です。

 

 

お次は豚うまカレー。こちらは牛すじカレーとはうって変わってルーがサラサラしています。辛すぎず甘すぎず丁度よい。

博多若杉豚うまカレー

博多若杉豚カレー

お肉と野菜の旨みがギュッと閉じ込められていて、日本人受けするカレーだと思います。

マイルドなのでとっても食べやすいですよ。子供がパクパク食べていました。

 

そして最後は鶏とまとばたーカレーです。

鶏とまとばたーカレー

博多若杉とまとばたーカレー

これ、女子は絶対に好きな味!

カレーってがっつり食べるイメージがありますが、これはトマトの甘みと酸味が効いているので、意外とさっぱりと食べられます。

かと言ってお子様カレーのような甘ったるさはなく、後からじわじわと辛さが感じられ、かなりの中毒性あり。鶏肉の存在感も結構ありますよ。

洋風っぽいので次はオムライスにしても良いかな〜

 

名店の裏メニューをこうやって自宅で簡単に食べられるようになるなんて、本当便利な世の中になりましたね。

しかも今回のカレーは一袋500円以下。

普通のレトルトカレーと比較するとちょっと高いかな?と思いますが、名店の味に一口食べればその値段に納得できると思います。本格的なカレーを手軽に楽しみたい方にピッタリですよ。

うちはカレーの評判が良かったので、次はもつ鍋頼んでとせがまれています(笑)

 

コメント