クイックルワイパーを超える最強のフロアワイパーを遂に見つけた!

年末が近づいてきました。普段は掃除機で済ませてしまう床も、いつもより念入りに掃除したい、、、でも腰が痛くなる雑巾がけは億劫だから、ついついクイックルワイパーなどで簡単に済ませてしまう、なんてことはありませんか?実は私がそうだったんです。今までの拭き掃除には、いつもクイックルワイパーの立体吸着シートを雑巾がけ代わりとして使っていました。

クイックルワイパー立体吸着シート

クイックルワイパーと立体吸着シート

この人気お掃除用品、テレビのコマーシャルでもよく目にしますよね。立体構造のシートが髪の毛や埃などをからめとってくれるとっても便利なアイテムです。本体自体がとても軽いので、力を入れず簡単に掃除することができ、長年愛用してきました。

でも、実は不満点がいくつかあったんです。

例えば掃除した後のシートの汚れ具合を見てみると、いつもヘッドの上下だけが汚れていて、真ん中は綺麗なままなんてことが結構ありました。ちょっと汚いですが、掃除し終わったばかりのヘッド裏の様子です↓

クイックルワイパー汚れ具合

本来は新開発の渦巻状の柔らかいヘッド全面で汚れをキャッチするみたいなんですが、使い方が悪いのかいつもこんな感じ。毎回「まだ使えるのにもったいないなぁ」と思いながらシートを取り替えていました。

クイックルワイパーヘッド

それからとても軽くて使いやすい反面、力を掛けるとぐらぐらして安定性があまり良くないところもちょっとした悩みでした。ジョイント式なのでぐらつきはしょうがないんでしょうね。片手でも簡単に掃除できるというメリットもあるのですが、、

クイックルワイパーの安定性

そんなわけでサッと掃除する時は重宝するけれども、本格的に雑巾がけしたいときにはちょっと物足りなさを感じていたフローリング用ワイパー、ついにそんな悩みを解消する最強の商品に出会ってしまいました!少なくとも我が家で今年一番活躍したと言っても過言ではない掃除用具、それは、、、、、

スリーエム製「スコッチブライト マイクロファイバーモップ ベーシックタイプ」です。

スコッチブライトマイクロファイバーモップ

見た目は普通ですよね?値段も取り替えクロス込みで1600円前後とクイックルワイパーとほぼ同じです。でも比べて見ると結構な違いがあるんです。

フロアワイパークイックルワイパー

並べてみた所。クイックルワイパーがジョイント式なのに対して、スリーエムの方は伸縮性で太さもあるため、握りやすく安定感があります。長さも10cmくらい長く、男性でも使いやすいと思います(82〜131cmまで調整可能)。

ヘッド部分には面ファスナー(マジックテープ)が使われています。

マジックテープ着脱式ワイパー

これがとっても便利なんですよ。

クイックルワイパーは4つの差込口にシートを挟み込む必要がありましたが

クイックルワイパー差込口

マイクロファイバーモップはモップ全体が面ファスナーになっているおかげで

スリーエムモップマジックテープ

床にポイッと投げて

マイクロファイバーモップ取り替えクロス

その上から本体を抑えればセット完了、とっても簡単です。私だけだと思いますが、差込口に指を挟むなんてこともありません(汗)

スリーエムフロアモップ

外す時もとっても簡単ですよ〜

スリーエム取り替え用クロス




頑固な汚れがスルリと落ちる

そして世界的な化学メーカー製のマイクロファイバーモップだけあって、汚れもガンガン落としてくれます。

かなり力を入れないと落ちないキッチンの床の頑固な汚れも

フローリング汚れ落とし

2,3回汚れの上を往復させるだけでスルリと汚れが落ちます!

フローリング汚れ落とし簡単

実際にクイックルワイパーを使った時とどれくらい差がでるのか実験してみました。

クイックルワイパーVSスリーエム

左が水で絞ったマイクロファイバーモップ、左が立体吸着シートを付けたクイックルワイパー。同じ距離を並行して動かしてみると、、

クイックルワイパー汚れ比較

クイックルワイパーはいつものように淵の部分だけ汚れが付いていますが、スリーエムの方は全体的に汚れているのがわかりますでしょうか。下の薄いグレーの部分が汚れです。

スコッチブライトモップ汚れ

掃除した後の床もいつも以上にサラサラしていて、素足出歩くととっても気持ちが良い!

同じように動いてこれだけ差がでるなら、効率よく掃除できるものの方が断然良いですよね、というわけで我が家ではこの1年、クイックルワイパーの出番はめっきり減り、代わりにこのマイクロファイバーモップが大活躍しています。

掃除の後は水洗いして乾かしておけば繰り返し使用可能。もちろん乾拭きもOKですよ。

取り替え用クロス洗濯

アマゾンで買うのが断然お得

唯一残念なのが、こんなに便利な商品なのに、替え用クロスが近所ではあまり売っていないこと。

スリーエムマイクロファイバー替えモップ

どちらかというと姉妹品のFM-F1Jの方がよく見かけるように思います。

でも、注意してください、このFM-F1J、同じスリーエム製なのでもちろん性能は同じなのですが、マジックテープタイプではないので取り付けが結構大変です。慣れてしまえばそうでもないんでしょうけど。

実は一度購入し、あまりの面倒くささに泣く泣く処分した経緯があります。見た目もそっくりなのでお間違えのないように。

本体とクロスがセットになったベーシックタイプ(FM-B)の最安値は2017年12月現在アマゾンが一番お得でした。消耗品の替えクロスは定期購入だと更に割引されるので、リピーターにはとってもありがたいです。これ一本あれば面倒な雑巾がけからもすっかり開放され、大掃除もきっとはかどると思います!







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする