花粉症舌下免疫療法は効果なし?血液検査で予想外の結果が。。。

スギ花粉の舌下免疫療法を始めてからちょうど2年が経過しました。

昨シーズンはくしゃみや鼻水、目のかゆみといった症状がずいぶんと減り、薬の効果を感じ始めていたのですが

花粉症舌下免疫療法開始から1年半が経過。ついに。。

先日、花粉症とは別の症状(食べ物)で受けたアレルギー検査の結果がこちら↓

アレルギー血液検査結果

なんとスギの数値が上がってる。。。

(2018年)7.5  クラス4

(2020年)16.09 クラス4

測定値はほぼ倍に、アレルギーの強さを表すクラスも6段階中「4」と変化がありません。

舌下免疫療法は最低でも3年は続けないと効果が出ないと言われていますが、2年経っても数値が下がるどころか上がっているとは思ってもいませんでした。

舌下免疫療法はすべての人に効果があるわけではなく、一定の割合で効かない人がいるとされています。

もしかして自分も効果がない方なのかも。。

症状が軽くなったと思っていたのはブラセボ効果??

 

毎月の出費は診察代+薬代で約2300円。

年間で27600円、花粉症が治れば高くはないけれど効果がないなら無駄な出費になってしまいます。

今回血液検査を受けた病院は舌下免疫療法で通っている所とは別の所なので、いつもの耳鼻科の先生に数値が上がっていることを相談してみました。

血液検査の数値は上がることもある!

すると意外な答えが。

「舌下免疫療法継続中は数値が上がることもありますよ」

理由も説明してもらいましたがその場では理解できなかったので(汗)、帰宅後ネットで調べてみたところわかりやすく説明しているページがありました↓

当院におけるスギ抗原エキス舌下免疫療法の現状

それによると

一つの指標となる、アレルギー免疫物質(IgE 値)を開始前と比較してい きますと、舌下免疫療法では1年目には逆に高くなっていきます。これは、スギ 花粉エキスを毎日服用しているためで、IgE の産生を遮断する物質(IgG4 と言 われていますが・・)が増えてきて、この IgE 値は下がると言われます。
今回の調査でも2年目から低下傾向を示しております(図3)。

舌下免疫療法血液検査結果

 

確かに青色の棒グラフは治療前と比較して3年目までは数値が高くなっています。

難しい内容はわかりませんが、薬を服用することで起きる現象のようです。

ということは今回の私の検査結果はむしろ正常な反応だということ。ひとまずホッとしました。

正直な所毎月の通院を面倒に感じることもあって、効果なしなら潔く止めるつもりでいましたが、少なくともあと1年は引き続き続けていこうと思います。

コメント